医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2019/02/28


 一般診療所の開業や廃業が年間にどのくらい発生しているか、ご存知ですか。ここでは2018年12月に発表された調査結果(※)から、全国の一般診療所の開設や廃止等の状況をみていきます。




 厚生労働省によると2012年以降、全国の一般診療所数は10万件程度で推移しています。また上記調査結果から、2017年には101,471件の一般診療所が存在し、毎年、開設や廃止等による増減があります。




 直近10年間の一般診療所の開設や再開、廃止や休止(以下、開設・廃止等)の状況をまとめると、下表のとおりです。



 開設・再開、廃止・休止ともに2014年に大きく増加しています。
 開設は2014年に7,000件を超えて以降、7,000件台で推移しています。廃止は開設と同様に2014年に大幅な増加を示し、2017年には7,000件も突破しました。再開は200〜400件台で、休止は500〜1,000件程度の間で増減を繰り返しています。
 この結果をみる限り、開設・廃止等は3年ごとに増加する傾向があるようです。




 新規開業はもちろん、医療法人化による法人開設と個人の廃止、医師の高齢化等による廃止や休止など、開設・廃止等の理由はさまざまです。とはいえ、医師の高齢化が進展していることから、一般診療所での事業承継は今後増加することが予想されます。準備が必要な医療機関では、早めに対策を講じていくことがスムーズな事業承継に役立ちます。


(※)厚生労働省「平成29年(2017)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況
 全国の医療施設を対象にした調査です。ここで紹介したデータは、前年10月から9月までの1年間の動きを、その年の数字としています。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ
〜医療・福祉・介護が得意な社会保険労務士がいる事務所〜
せのお社会保険労務サポート事務所
〒715-0016
岡山県井原市岩倉町1081-1
TEL:0866-63-3213
FAX:0866-63-3214